お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

おいしいゆで方


六代目 山下勝山の最大のこだわりは油を使わないこと、さらに吉野葛で光沢を出すことです。
一筋縄は ただの素麺ではありません。高級和菓子用の小麦(薄力粉と中力粉のブレンド)を惜しみなく使用し、通常の15倍から20倍の手間暇をかけて作られた まさに職人のこだわりがつまった素麺です。ですからおいしいゆで方を守っていただき、最高の状態の素麺をお召し上がりいただきたく思っております。

一、大きめのなべでたっぷりの湯(麺の約10倍)を火にかけ沸騰させる。湯の中に酸っぱい梅干しを一個入れるといっそう麺にコシが出ます。

二、麺をばらばらとさばくように入れ、麺同士がくっつかないように箸で手早くさばき、時々大きくかきまぜながらゆでる。(特に平麺はくっつきやすいので注意してください。)

 

三、沸騰して麺が水面に浮き上がってきたら、噴きこぼれない程度に火力を弱め、浮き上がってきた泡をスプーン等で取り除く。麺に光沢があり、切り口に白い芯がなければゆであがりです。

 

四、うどんなどの太い麺の場合は蒸らしをする(ゆで上る直前に火を止め、そのまま鍋に置く。時間の目安はゆで時間一覧表参照)。芯の部分まで均等にゆで上がり、表面にも光沢があらわれます。

 

五、手早くゆで湯を切って、麺の温度を下げ、塩分を洗い流した後、氷水で麺を締める。

 

ゆで方のコツと注意点
●お湯はたっぷり、火力は強く、麺が湯の中で回っている
●ゆで上がるまでは火のそばから離れない
●ふき上がってくる泡をスプーン等で取り、火力を調節する
●差し水は要りません
●うどんなどの太麺は蒸らしを忘れない事
●手早く冷す

鎌倉市在住の やまでらくみこさんが綴るレシピサイトにて、一筋縄のおいしい茹で方を詳しく紹介していただいております。
 参考になさってください。(クリックすると外部サイトへリンクします)


・手延べ麺独特の油酸化臭が少ない
・麺の劣化が少なくコシが強い
・麺をもみ洗いする必要がない
・麺表面が美しい
・小麦粉独特の旨みを感じる
・身体にやさしくお子様でも安心してお召し上がりいただけます。



 

麦縄そうめん
麦縄造りの製法で最も細く仕上げました。厳寒時期に二日間じっくり熟成し、油を使わず手間ひまをかけた逸品で、冷やしそうめんはもちろん色々な料理に幅広くご利用いただけます。


麦縄細平めん
麦縄の中でも最も手間ひまかけてつくりあげた一品です。麦縄そうめんよりも少し太めのしなやかな麺は、抜群の食感とのど越しのよさで最も人気の高い商品です。


麦縄細うどん
「麦縄」とは手延べ麺の最も古い名称。麦縄は勝山独自の小麦粉に薄力粉を加え、麺帯を一五〇層以上重ねて縄のようにより上げ、油を使わずに仕上げました。男性的なコシの強い麺で鍋などの煮込み料理に最適です。 


麦縄平うどん
麦縄細うどんを平たく押さえてしなやかでつるつる感のある麺に仕上げました。光沢のある美しい女性的な麺で、ざるで食べていただくと最高の味です。
稲庭うどんの元祖といわれています。


 


三輪山勝製麺コーポレートサイトへ

売れ筋ランキング

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201710
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 今日    定休日    イベント